害獣駆除に関する費用

最近は、都心部でも様々な生物を目にする事などがあります。イノシシが道路を横切っていたり、シカなどが出現する事もあります。家などの屋内に侵入した場合にも、害獣として扱われる事になります。特に屋根裏などが狙われ易いですが、家を荒らす、あるいはフンなどの被害もあるため、害獣駆除をする必要があります。害獣駆除の場合には、殺鼠剤などを利用する事が禁止されている生物も存在しますので、業者に依頼する事が多くなります。専門業者に害獣駆除を依頼した場合の作業料金については、業者によっては、あるいは扱う生物であったり、作業場所・内容によっても違いがあります。例えば、ねずみ駆除などの場合にも、3万円位の基本料金が設定されていて、作業毎に1万円位の単価が加算されている料金体系なども見られます。他にも、全体的にまずは一件あたり10万円位の料金設定になっている業者なども見られますので、現場によって詳細見積を出してもらう事が大切です。

害獣駆除の変遷としては、古い歴史をもっています。例えば、ねずみなどは世界的に多く発生していた事例がありますが、古い時代には、ねずみが保有している菌などに関する知識がなかったため、人間の居住空間におけるものをかじる被害を避ける取り組みは行われていました。中世のヨーロッパでは黒死病といわれたペストなどが何度か流行した歴史がありますが、衛生状況の良くない中でねずみが媒介したともいわれています。その中で、害獣駆除が実施される様になっていった背景があります。近年においては、人々の生活が豊かになり、犬・猫に限らず様々なペットを所有し、飼育しきれなくなって屋外にそのペットを放つ事で、野生化した生物が菌を発生している場合などもあります。最近では、鳥インフルなどが流行し、その都度問題となります。元々は害獣ではなく、有用な生物として飼育されていましたが、一旦ウィルスなどの病原菌を発生してしまうと、害獣として駆除されるケースにも発展しています。